遅筆堂文庫は、川西町出身の作家・劇作家の井上ひさしが約7万冊の蔵書を町に寄贈し、1987年(昭和62年)8月15日にオープンした図書館です。
1994年(平成6年)川西町フレンドリープラザの完成に伴い、図書館1階に移設されました。その後も井上ひさしから資料・蔵書が遅筆堂文庫に贈られ、その数は現在では約22万点に及びます。特徴的な蔵書のジャンルとしては、言語や辞書類、江戸文学、忠臣蔵、宮沢賢治に関する資料等、有数のコレクションがあります。
現在、蔵書資料の一部は川西町交流館「あいぱる」に保管されています。井上ひさし展示室は、井上ひさしが亡くなった2010年(平成22年)に開設されました。


開館・休館日


開館日
4月〜11月
12月〜3月

開館時間

  • 火曜日~土曜日:9:30〜19:00(冬季【12月~3月】:9:30〜18:00)
  • 日曜日、祝祭日:9:30〜17:00

休館日

  • 毎週 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)
  • 祝日の翌日
  • 年末年始(12月29日〜1月4日)
  • 図書整理期間
  • その他臨時休館等は、当ホームページにてお知らせいたします。

ご利用案内

遅筆堂文庫のご利用方法は、川西町立図書館の利用方法に準じます。
詳細に関しましては[町立図書館ご利用案内]ページをご参照ください。


遅筆堂文庫堂則


遅筆堂文庫堂則

1987年(昭和62年)8月15日遅筆堂文庫開館日に届けられた、井上ひさし氏直筆の『遅筆堂文庫堂則』


遅筆堂文庫館内マップ


遅筆堂文庫館内マップ

遅筆堂文庫館内マップ