井上ひさしと遅筆堂文庫(写真提供:文藝春秋社)

井上ひさしと遅筆堂文庫(写真提供:文藝春秋社)


吉里吉里忌とは


2010年4月10日に永眠した井上ひさしの文学忌。代表作「吉里吉里人」にちなんで「吉里吉里忌」と名づけられた。

2012年に縁の編集者等で鎌倉で開催した会食会の後、没後5年目の2015年4月から、遅筆堂文庫のある山形県東置賜郡川西町で毎年開催されている。縁のあるゲストがさまざまな視点から、井上ひさしを語り継ぎます。現在は、命日に近い4月の土曜日曜に、1日目が遅筆堂文庫生活者大学校、2日目に吉里吉里忌を開催しています。(主催:吉里吉里忌実行委員会・川西町・井上事務所)

吉里吉里忌公式サイト ]