チケット発売中 予約受付中
大人の「学び・遊び・歓び」の体験講座シリーズプラザの座学vol.1ジャズってこんなに面白いのポスター画像
開催日
2020年3月20日(金・祝日)
時間
15:00開演(14:30開場)
場所
川西町フレンドリープラザ(ロビー)※120席限定(全席自由)
料金
一般3,500円
Pla's会員3,000円
高校生以下1,000円
《 予定曲目 》
F.メンデルスゾーン「春の歌」「挨拶」
F.シューベルト「春への想い」「夜鳴き鳥に寄せて」
R.シューマン「ジャスミンの茂み」
H.ヴォルフ「アナクレオンの墓」「お澄まし娘」 他
※曲目が変更になる場合もございます。

ハイディ・ヴォルフ Heidi Wolf

Soprano(ソプラノ)

ドイツのホフ出身のソプラノ。ニュルンベルクとカールスルーエ音楽大学にてM.ヴェヌーティー女史の声楽専攻クラスとH.ヘル・白井光子のリートクラス、また、H.リリンクや宮廷歌手E.シュヴァルツコップフ、同じく宮廷歌手H.ツァーデックのマスタークラスにも定期的に参加する。オペラ専攻課程を優秀な成績で修了すると同時に、彼女はオペラ歌手としてのキャリアを1996年にデュッセルドルフ・ドイツオペラとの契約でスタートする。2001年からは本拠をウィーンに移し、ウィーンのフォルクスオペラ専属として数々のオペラで主要な役を歌う。これまで数多くの主役級の舞台を踏んでいる。アデーレ(こうもり/J.シュトラウス)、マリー(兵士たち/A.ツィンマーマン)、オランピア(ホフマン物語/J.オッフェンバック)、夜の女王(魔笛/モーツァルト)、ブロンデ(後宮からの逃走/モーツァルト)、ぺピ(ウィーンかたぎ/J.シュトラウス)、ブロニスラヴァ(乞食学生/C.ミレッカー)、アナスターシア(チャールダッシュの女王/E.カールマン)リザ(マリッツア伯爵夫人/E.カールマン)など。
2003年には、夜の女王役でドレスデン・ゼンパー歌劇場にデビューし、同役ではウィーン国立歌劇場、ハンブルク歌劇場などドイツの主要な劇場をはじめ、シュトラスブルク、リンツ、ベルンなど国際的な規模でのオペラ出演を果たす。共演した指揮者もC.ティーレマンをはじめとして、S.クイケン、B.ビリーなど数多い。
ドイツ、フランス、ベルギー、スペインなどで演奏し、日本へはウィーンフォルクスオペラ等の主要メンバーとして東京、名古屋、大阪、福岡、仙台など日本全国で公演し、5回以上来日している。オペラだけでなくソプラノ歌手として、各放送局での録音も行い、R.シュトラウスやF.シューベルト、H.ヴォルフ、F.レハール等のCD録音がある。声楽のレッスン歴は25年に及び、現在はウィーン・プライヤー・コンセルヴァトリウムにて後進の指導にあたっている。




松川 儒 Manabu Matsukawa

Piano(ピアノ)

東京藝術大学付属音楽高校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を卒業。その後、ドイツ・シュトゥットガルト国立音楽大学大学院、ドイツ・カールスルーエ国立音楽大学大学院リート科を修了。藝大在学中より活動開始し、帰国後は国内外はもとより客船の国際航路に乗船し演奏活動を広げている。ソロ・ピアニストとして、また室内楽・声楽伴奏で貴重なアンサンブルピアニストとして信頼が厚く、今日まで佐藤光政、岡村喬生、釜洞祐子、天羽明恵、腰越満美各氏の歌手をはじめS.ベザリー(FI)、和谷泰扶(Harm)、竹島悟史(Mar)各氏など多くの著名演奏家との共演を続けている。合唱指揮者としてもピアノ弾き振りを兼ねたステージで各方面より定評を得ている。また音楽分野を超えて画家の出射茂ら各種アーティストとのコラボレーションでも幅広く展開中。宮本亜門演出のオペラにおいては音楽助手・副指揮者として参加する。国内外で数種のテレビ収録、ラジオまたCD等の録音がある。
第11回シューマン国際コンクール公式ピアニスト(ドイツ/ツヴィッカウ)。
2003年より足掛け5年に渡った世界初の試み「ヴォルフ歌曲全曲演奏会・全12回」では企画者&ピアニストとして全シリーズを担当し、その功績で平成19年度文化庁芸術祭。音楽部門【大賞】を受賞。現在、玉川大学芸術学部准教授、洗足学園音楽大学非常勤講師。川西町で毎年8月、21年間に渡り「フレンドリークリニック」を主宰し、若いクラシック演奏家の指導、育成にあたっている。川西町交流大使。




お申込み・お問い合わせ


川西町フレンドリープラザ
〒999- 0121
山形県東置賜郡川西町大字上小松1037-1

TEL 0238(46)3311
FAX 0238(46)3313
Mail info@kawanishi-fplaza.com