予約受付中
開催日
2022年10月10日(月・祝)
時間
13:30〜15:00
場所
川西町フレンドリープラザ
料金
1,000円
《トーク》深町秋生(作家)×荒井幸博(映画伝道師)
定員◆50名

ミステリー、そしてハードボイルドの誘惑 ~小説と映画の危ない話~


プロフィール

深町秋生(ふかまち・あきお)《作家》

1975(昭和50)年、山形県南陽市生まれ。2004(平成16)年『果てしなき渇き』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2005年に作家としてデビュー。2011年にスタートした「組織犯罪対策課八神瑛子」シリーズは45万部を越えるベストセラーとなる。2014年、『果てしなき渇き』が役所広司主演で映画化される。『ショットガン・ロード』『卑怯者の流儀』『探偵は女手ひとつ』『ドッグ・メーカー 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治』『ヘルドッグス 地獄の犬たち』『煉獄の獅子たち』『鬼哭の銃弾』『ファズイーター』などの著書がある。2022年、警察小説の傑作『ヘルドックス 地獄の犬たち』が映画化、岡田潤一主演で公開される。



荒井幸博(あらい・ゆきひろ)《映画伝道師》

1957年(昭和32年)山形市生まれ。フリーランスシネマパーソナリティ。山形放送TV・ラジオ、山形新聞等で映画紹介や番組を担当。FM山形『荒井幸博のシネマアライヴ』パーソナリティ、NHK仙台放送局『ひるはぴ』映画紹介、やまがたコミュニティ新聞「シネマつれづれ」連載中。







お申し込み・お問い合わせ



電話でのお問い合わせ

TEL 0238-46-3311

チケット申込み、メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム

アクセス

  • 米坂線羽前小松駅で下車、東口より徒歩5分
  • 東京から山形新幹線、米坂線利用で、羽前小松駅まで最速約2時間30分
  • 東北中央自動車道(東北道福島JCT経由)米沢北ICから20分