井上ひさし(写真:佐々木隆二)


吉里吉里忌とは


吉里吉里忌は、2010年4月9日に永眠した井上ひさしを偲ぶ文学忌です。
代表作『吉里吉里人』にちなんで「吉里吉里忌(きりきりき)」と命名しました。

会場は、生まれ故郷である山形県川西町の 「川西町フレンドリープラザ」です。
ここには井上ひさしの蔵書22万冊を収めた「遅筆堂文庫」があります。井上ひさしはこの「遅筆堂文庫」を拠点に自らが校長となり、
農業・環境・文化について考える講座「生活者大学校」を毎年開校していました。今も続く学びの場である「生活者大学校」とあわせて、
没後5年の2015年、縁あるゲストがさまざまな視点から井上ひさしを語る「吉里吉里忌」が初めて開かれました。

「生活者大学校」と「吉里吉里忌」。
この二つの催しを、毎年4月の二日間にわたって開催しています。
人間のなすあらゆることに限りない興味をもち、人間にしか作り出せない笑いを追求した井上ひさしの世界を、見て、聞いて、体験してください。




2022年の吉里吉里忌

今年、2022年4月10日  ゲストに渡辺えりさんをお迎えし吉里吉里忌2022を開催いたしました。

今年は、生活者大学校は中止となり、吉里吉里忌のみの開催となりました。

《井上ひさしの『一週間』〜劇作の中での井上ひさしと私〜》と題して渡辺えりさんからお話をいただきました。





オープニングアクトで『あくる朝の蝉』を披露してくれた、朗読倶楽部「星座」のメンバー。
最後は渡辺えりさん、井上ゆり夫人とともに「ひょっこりひょうたん島」を歌いました。


次回もご期待下さい。