全席自由
開催日
2024年7月6日(土)、7日(日)
時間
◆6日(土)17:00〜20:00 ◆7日(日)10:00〜18:00
場所
川西町フレンドリープラザ(ホールステージ・ロビー・野外劇場)
料金
入場無料
※一部有料(下記参照)

プラザのホールステージ・ロビー・野外劇場、全てを使用しての“言葉の祭典”が今年も開幕します!

出演者総勢37組による「朗読」の祭典


詩・小説・戯曲・紙芝居・オリジナル作品など、盛りだくさん。

さまざまな朗読を聞きにきてください!


当日プログラム

決まり次第お知らせします。


舞台上で放つ圧倒的存在感!

言葉を操る二人の特別公演!

有料演目①

7月6日(土)

『御身』(おんみ)

作・横光 利一
台本構成:高橋 菜穂子 出演:野々下 孝

時間◆17:00〜17:40(開場16:30)
料金◆一般2,000円、20歳以下1,000円


野々下 孝 プロフフィール


大学入学と同時に仙台で演劇活動を開始。1997年にシアタームーブメント仙台Ⅱ「光が丘から」に主演。卒業後、先端的な舞台芸術のカンパニー 劇団山の手事情社に入団。徹底した自己観察を通じて、現代生活で鈍りがちな対話能力や、身体感覚を研ぎ澄ます訓練を繰り返し行い、集団創作による《山の手メソッド》の確立と発展に関わる。現代劇のみならず、落語、浄瑠璃、能、ギリシャ悲劇、シェイクスピアなど東西の古典作品を上演。《四畳半》と呼ばれるスタイルで現代演劇の様式化に取り組む。韓国、ポーランド、スイス、ドイツ、ルーマニア、ロシアなど海外公演にも多数出演。また《山の手メソッド》を用いた俳優養成にも力を入れており、各種学校、企業などで、ワークショップや授業を行う。2010年に活動の拠点として仙台シアターラボを旗揚げ。現在は東京と仙台で活動中。フィジカルシアターと呼ばれる現代演劇の新潮流をホームグラウンドにして、様々なジャンルに活動の場を広げており、演劇を抽象化する作業と身体能力には定評がある。


有料演目②

7月7日(日)

『清水宏のスタンダップコメディ大学〜闘争的文学論〜』

出演:清水 宏

時間◆15:00〜16:00(開場14:30)
料金◆一般2,000円、20歳以下1,000円


清水 宏プロフィール


スタンダップコメディアン・俳優

この日本で忖度のない自由なエンタメ・スタンダップコメディを広めるために、ぜんじろう、ラサール石井と共に「日本スタンダップコメディ協会」を設立し会長に就任。小堺一機、春風亭一之輔、林家彦いち、神田伯山、いとうせいこう、水道橋博士らをゲストに着々と大イベントをうち日本全国ツアーなどを行う一方、アメリカ、ロシア、中国、台湾、韓国、メキシコで現地の言葉でコメディを敢行。2012年の世界最大のシアターフェス、イギリスのエジンバラ・フリンジ・フェスティバルで英国で最大の新聞タイムズ紙(THE TIMES)の全国版に特集される。2015年からは北米フリンジ・フェスティバル(Canadian Fringe)に参加、カナダで2番目に大きなウィニペグ・フリンジ(Winnipeg Fringe)において最優秀海外パフォーマー賞を受賞する。ミュージシャンとの共演も多く、忌野清志郎、細野晴臣、森山直太朗氏らのステージツアーにゲスト出演。「清水宏のオールナイトニッポン」「くにまるワイドごぜんさま~清水宏のアミューズメントウォッチャー」「明石家マンション」「踊るさんま御殿」「月曜映画」など。このコロナ禍で「ひとり舞台芸術協会」を設立。2021年11月5.6.7東京の劇場・下北沢楽園で「ひとり舞台フェスティバル」を主催。

清水宏ホームページはこちらから






主催:川西町フレンドリープラザ  共催:仙台シアターラボ

お問い合わせ



電話でのお問い合わせ

TEL 0238-46-3311

チケット申込み、メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム